検索
  • あいれ動物病院 院長

供血犬を探しています!!


院長の國分ですm(_ _)m


今入院している高齢のワンちゃんに、輸血をしたいと考えています。

しかし、当院は開院したばかりの小さな病院で、供血専用犬をご用意することができません。。

そこで皆様にお願いがあります。


健康な大きめのワンちゃんを飼育されている方をご存じないでしょうか??


もしお心当たりがありましたら、あいれ動物病院(093-863-9221)にご連絡いただけるよう、お声かけいただきたいのです。

供血犬(ドナー)としてお願いしたい条件は以下の通りです。

・年齢1~7歳

・体重 7kg以上

(できれば10㎏以上が理想です)

・今年の春以降、ノミマダニの予防をされている

・バベシア感染症の経験がない

・輸血歴がない

まだ、必ずお願いするとは限りません。

まずはご連絡をいただきまして、よくお話をしてから、

ということになります。

どうぞ、皆様のお力添えをよろしくお願い致します!

29回の閲覧

最新記事

すべて表示

8月18日の供血犬募集について

入院しているワンちゃんのために、供血犬を募集しておりましたところ、 多くの方から、応援や、拡散にご協力くださるとのお言葉をいただきまして、 無事、同日に輸血をしてあげることができました! 皆様、本当にありがとうございました。 今回のことで、人の温かさにたくさん触れることができました。 まだまだ予断を許さない状況ですが、輸血をしたことで、今を乗り切るための時間をいただけたのではないかと思っています。

2020年はお盆も診察いたします。

長梅雨でお洗濯物が乾かなくてうんざりな日々ですが、皆様お変わりありませんでしょうか? さて、今年のお盆は、8月13日~15日も診察を行うこととなりましたので、お知らせいたします。 代わりに8月12日(水)を、変則的ではありますが、休診といたします。 8月8日(土)   9:00~11:30/15:00~18:30 8月9日(日)    14:00~17:00 8月10日(祝)  14:00~

診察時間短縮を終了いたします

これまで、診察時間短縮にご協力いただきまして、ありがとうございました! 7月6日(月)より、午後の診察時間を、15:00~18:30に戻したいと思います。 そして大変申し訳ないのですが、院長 國分の子供が、院内をうろつくことが出てくると予想されます。。 マスクの着用、手洗い消毒、むやみに動物に手を出さないように、と、衛生面・安全面に注意していくつもりではありますが、ご迷惑をおかけすることがあるかも

©2020 by あいれ動物病院@中間市。Wix.com で作成されました。