検索
  • あいれ動物病院 院長

供血犬を探しています!!


院長の國分ですm(_ _)m


今入院している高齢のワンちゃんに、輸血をしたいと考えています。

しかし、当院は開院したばかりの小さな病院で、供血専用犬をご用意することができません。。

そこで皆様にお願いがあります。


健康な大きめのワンちゃんを飼育されている方をご存じないでしょうか??


もしお心当たりがありましたら、あいれ動物病院(093-863-9221)にご連絡いただけるよう、お声かけいただきたいのです。

供血犬(ドナー)としてお願いしたい条件は以下の通りです。

・年齢1~7歳

・体重 7kg以上

(できれば10㎏以上が理想です)

・今年の春以降、ノミマダニの予防をされている

・バベシア感染症の経験がない

・輸血歴がない

まだ、必ずお願いするとは限りません。

まずはご連絡をいただきまして、よくお話をしてから、

ということになります。

どうぞ、皆様のお力添えをよろしくお願い致します!

60回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

8月の臨時休診、診察日の変更について

8月はお盆のこともあり、かなり変則的になっておりますのでご注意ください。 主な変更事項を下に記します。 8月4日(水)       休診 8月6日(金)       9:00~11:30/15:00~18:30(6日は金曜ですが診察あり) 8月9日(月)       14:00~17:00(9日は祝日に変わっています) 8月13∼15日(金∼日)  14:00~17:00(金曜も開けますが、土曜も

7月19日午前は臨時休診(仮予定)です

突然の変更で大変申し訳ありません。。 まだ予定ではありますが、異物を食べてしまった猫ちゃんの開腹手術を午前中に行うこととなりました。 昼の手術時間だけでは間に合わない可能性が出てしまったため、診察時間を短縮することになってしまい、患者様方には多大なるご迷惑をおかけいたします。 現在、猫ちゃんには、ある程度の異物なら下に流れていくよう、処置をしていますので、うまくいけば、便として出てくれる可能性があ

2021年のフィラリア予防期間のご提案

4月に入って数日間とても暖かかったですが、また朝晩が冷え込みますね。 この気温差のためか、お腹の調子を崩している子たちを、ちらほら見かけます。 そのポカポカ陽気が丸4日続いたことで、少し心配していることがあります。 「フィラリアの感染、なかっただろうか…?」ということです。 元々、フィラリアが蚊の中で感染力を持つにはある程度の温かさが数日続くことが必要ではあります。 心配には及ばないレベルだったの