検索
  • あいれ動物病院 院長

診察時間短縮 継続のお知らせ

5月15日、福岡県の緊急事態宣言が解除されましたね。

新型コロナの感染拡大が収まりつつあり、喜ばしいことではありますが、まだ終わったわけではありません。

コロナがいなくなったわけではありません。

当院は、今後もコロナ感染対策の一環として、診察時間短縮を当面継続することといたしました。

ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、ご協力よろしくお願いいたします。


平日・土曜日の午後の診察時間終了を1時間早めており、17:30までとなりますが、どうしてもご来院が17:30を過ぎてしまわれる場合は、事前にお電話をいただければ、可能な場合は18:30まではお待ちします。

なお、日曜祝日の診察時間に変更はありません。(14:00~17:00)


診察時のマスク着用、患者様が入れ替わる際の消毒、手指用消毒液の設置、待合室での次亜塩素酸の噴霧、換気(動物の逃亡に配慮できる範囲で行っています)、なるべく患者様同士が重ならないよう時間の調節(来院前に込み具合や予定を電話でご確認ください!)

といった対策をしております。

趣旨をご理解いただき、万が一のコロナ侵入への備えにご協力ください。

32回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

2021年のフィラリア予防期間のご提案

4月に入って数日間とても暖かかったですが、また朝晩が冷え込みますね。 この気温差のためか、お腹の調子を崩している子たちを、ちらほら見かけます。 そのポカポカ陽気が丸4日続いたことで、少し心配していることがあります。 「フィラリアの感染、なかっただろうか…?」ということです。 元々、フィラリアが蚊の中で感染力を持つにはある程度の温かさが数日続くことが必要ではあります。 心配には及ばないレベルだったの

8月18日の供血犬募集について

入院しているワンちゃんのために、供血犬を募集しておりましたところ、 多くの方から、応援や、拡散にご協力くださるとのお言葉をいただきまして、 無事、同日に輸血をしてあげることができました! 皆様、本当にありがとうございました。 今回のことで、人の温かさにたくさん触れることができました。 まだまだ予断を許さない状況ですが、輸血をしたことで、今を乗り切るための時間をいただけたのではないかと思っています。

供血犬を探しています!!

院長の國分ですm(_ _)m 今入院している高齢のワンちゃんに、輸血をしたいと考えています。 しかし、当院は開院したばかりの小さな病院で、供血専用犬をご用意することができません。。 そこで皆様にお願いがあります。 健康な大きめのワンちゃんを飼育されている方をご存じないでしょうか?? もしお心当たりがありましたら、あいれ動物病院(093-863-9221)にご連絡いただけるよう、お声かけいただきたい